イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

研究会 After the “Refugee Crisis” in Europe: The case of Germany

2月 3日 @ 14:00 - 17:00

■研究会

“After the “Refugee Crisis” in Europe: The case of Germany”

■日時

2018年2月3日(土)14:00~17:00

■会場

東京大学駒場キャンパス18号館4偕、コラボレーションルーム4
最寄駅:井の頭線 駒場東大前駅

■使用言語

英語(通訳なし)

■プログラム


◆報告:
Germany as a “postmigrant” society: Contemporary Challenges and Controversies.
(「ポスト移民」社会としてのドイツ:現代の課題と議論)

報告者: シーナ・アーノルド(Sina Arnold)

  • フンボルト大学移民統合研究所研究員

*アーノルド氏は、アメリカおよびヨーロッパ社会における反セム主義と、ドイツのイスラーム教徒を中心とした移民受け入れに関する研究がご専門です。
https://www.bim.hu-berlin.de/en/persons/dr-sina-arnold/

主催

科研費国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)課題番号16KK0050(研究代表者:錦田愛子)

共催

東京外国語大学アジア・アフリカ研究所 中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)
東京大学東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」

詳細

日付:
2月 3日
時間:
14:00 - 17:00
イベントカテゴリー:

会場

東京大学駒場キャンパス18号館4偕、コラボレーションルーム4
東京都目黒区駒場3−8−1
目黒区, 東京 1538902 Japan
+ Google マップ