イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

講演会「難民危機とシリア紛争のその後――ドイツの経験から学ぶ難民受け入れ」(11/2・東京大学本郷キャンパス)

2019年11月2日 @ 13:00 - 18:00

This post is also available in: English

NIHU「現代中東地域研究」AA研拠点では、東京大学GSDMプログラムとの共催で、ドイツから移民/難民支援NGOのスタッフおよび、難民危機以降にシリアからドイツに逃れた難民の青年をお招きし、講演会を開催します。
多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

■日時

2019年11月2日(土)13:00~17:00(開場12:30)

■会場

東京大学本郷キャンパス伊藤国際学術研究センター地下ギャラリー1
最寄駅:地下鉄丸の内線・地下鉄大江戸線「本郷三丁目駅」など

■講演者
◆ムハンマド・ジュニ氏(34歳、男性)
移民/難民の青少年を支援するNGO「BBZ」でスタッフとして働く。本人もレバノン(サイダ市)から移住し、後にドイツ国籍を取得。
◆アイハム・バキール氏(21歳、男性)
欧州難民危機でドイツに来たシリア人、ドイツで庇護申請をして難民認定を受ける。BBZの支援プログラムに参加。

■言語

英語、アラビア語、ドイツ語(日本語への逐次通訳)

■登録

ご参加希望者は、以下のサイトから参加の申し込みをお願いいたします。(先着順、定員60名)
https://kokucheese.com/event/index/581983/

■主催

科研費・国際共同研究加速基金「ドイツのアラブ系移民/難民の移動と受け入れに関する学際的研究」(研究代表者:錦田愛子)課題番号16KK0050
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)
東京大学博士課程教育リーディングプログラム「社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム」(GSDM)

poster_syria表
poster_syria裏

詳細

日付:
2019年11月2日
時間:
13:00 - 18:00
イベントカテゴリー:

主催者

科研費国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)課題番号16KK0050(代表:錦田愛子)
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点 (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業

会場

東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター 地下ギャラリー1
東京都文京区本郷7-3-1
文京区, 東京都 Japan
+ Google マップ