イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

講演会「シャリーア・アーカイブズ」(2/20・筑波大学東京キャンパス)

2月 20日 @ 15:00 - 17:00

NIHUプログラム「現代中東地域研究」AA研拠点では、科研費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性」(代表:近藤信彰)との共催でオーストリア科学アカデミー・イラン学研究所のパオロ・サルトリ氏を招聘することになりました。
サルトリ氏は著書Visions of Justice: Shari‘a and Cultural Change in Russian Central Asia (Leiden: Brill, 2016)をはじめとして多くの業績を上げていらっしゃるほか、学術誌Journal of the Social and Economic History of Orientの編集長を務めるなど、多方面にご活躍で、その成果に触れる貴重な機会となればと祈念いたします。ふるってのご参加をお待ちしております。

■日時

2020年2月20日(木)15:00~17:00

■会場

筑波大学東京キャンパス文京校舎116講義室
丸の内線「茗荷谷駅」出口1 徒歩5分

■講演者
パオロ・サルトリ氏(Dr. Paolo Sartori: Institute for Iranian Studies, Vienna)

■講演タイトル
“The Sharia Archives: What the Russian Empire did not Know about Islamic Law”

■言語

英語(通訳なし、参加自由)

■共催

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)

    

科研費基盤A「イスラーム国家の王権と正統性」

    

筑波大学人社系リサーチユニット「中央ユーラシア地域研究」

    

科研費基盤B「近現代中央アジアにおける水利と社会」

詳細

日付:
2月 20日
時間:
15:00 - 17:00
イベントカテゴリー:

主催者

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 中東イスラーム研究拠点 (人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業

会場

筑波大学東京キャンパス文京校舎116講義室
文京区大塚3-29-1
文京区, 東京都 112-0012 Japan
+ Google マップ